転勤族妻はじめました

故郷の福岡に帰りたいと思いつつ、東京、大阪で働き、血迷って転勤族の夫と結婚し、今は石川に住んでいます。だけど意外と楽しいかも!

上手に謝れるようになりたい

昨日こんなことがあった。

出社したら、当初聞いていた〆切が急に明日に変更になっていた。

そんなこと聞いていません!電話口で反論すると

「メール送ったわよ」とクライアントは言う。

メールを見たら、確かに来ていた。昨日の21時に。今見たわ。

なんだかなぁ。夜中にメール送られたって作業はできない。

明日までに仕上げろって急すぎる。

でも、メールが来ていたのは事実。

そんなことに腹をたてて自分は悪くないと主張するのではなく、

円滑に進めるために謝れるようになりたい。

f:id:yuri86:20161130110750j:plain

 

行動が早い人の仕事と生活の習慣

行動が早い人の仕事と生活の習慣

 

 

 

産婦人科に置いてある本って全体的に桃色

f:id:yuri86:20161121185159j:image

診察待ち時間長すぎて、本を4冊も読んでしまいました。

産婦人科なので、ママになるとか赤ちゃんとか料理本が多い。

今日産婦人科で読んだ本を記しておきます。このブログも産婦人科で書いてます。どんだけ待たせるんや!

 

高島彩日記 

高島彩 彩日記-Birth-

高島彩 彩日記-Birth-

 

 タイトルがすごいね、平凡感というか、そのまんま感というか、自分に自信がないと出せないタイトル。でも美人だから許しちゃう。彩ちゃん一度流産してたんや。辛かったやろなぁ。そういうマイナス面も公表するなんて勇気いるなぁ。出産おめでとう。

 

異類婚姻譚 

異類婚姻譚

異類婚姻譚

 

 

旦那の顔が崩れる話。どんどんダラっとしてきて目が離れたり鼻が潰れたりして、最後人間じゃなくなります。よく意味が分からなかった。意味を理解しなくても読めちゃうので、話題の本読んだった感は出せます。

 

親孝行できるかな

 

 

ほのぼのコミックエッセイ。認知症とか介護とかそんなヘビーな話はありません。10分で読めました。

 

サワコの朝

 

サワコの朝

サワコの朝

 

 

マツコってやっぱりすごいね、コミュニケーション能力が。文字で読むと分かる。

〇〇さんです、よろしくお願いします

ってサワコが紹介したあと、普通のゲストは「よろしくお願いします」とだけ言って相手が話題をふってくれるのを待ってるの。

f:id:yuri86:20161121190919j:image

でもマツコは違う。アイスブレイク自分からしてくるの。

f:id:yuri86:20161121190906j:image

 ビートたけしと、所ジョージも同じだった。勉強になりました。

 

 

 

『美人はこれを食べている』

f:id:yuri86:20161121183053j:image

発酵食品、生野菜、玄米、亜麻仁油

やっぱり、楽してキレイになる方法なんてないのよね。

 

書いてある内容は特別新しくなくって、

フルーツや生野菜から食べようとか、

味噌は美容にいいとか、

粉物を控えようとかそんな感じ。

 

でも、一番印象に残ったのは、

姿勢良くキッチンに立ちましょうっていうこと。

切る、炒める、色んな作業も姿勢良くする人の方が美しく仕上がる。作者が数々のレッスン生を見てきてそう思ったそう。

姿勢、そう言えば昔は褒められていたのに、最近あまり良くないとかがあるなぁ、コタツが原因かもなぁ。

 

意識します。

 

 

美人はコレを食べている。~食べるほど綺麗になる食事法

美人はコレを食べている。~食べるほど綺麗になる食事法

 

 

 

『こうふく みどりの』 西加奈子は動物好き

きいろいゾウ』しか読んだことがなく、その時は何て読みにくい小説かと思ったけれど、今回は比較的読みやすかった。

彼女の作品は、文字はふわふわして読みやすいのだけれど、さらっとは読めない。あれ、この人だれやったっけ?あれ、このシーンはなんだ?けっこうちゃんと読まないと分からなくなります。ところどころ文中に出てくる目に入る文字が印象的。説明せずとも歩いている様子が分かる。こんな描写方法があるんだ。

ネコがちょいちょい出てきて、物語に柔らかい感じを加えているのだけれど、そうえいばきいろいゾウにも色んな動物が出てきてた。動物が好きなのかしら。

面白い小説でした。

 

こうふく みどりの (小学館文庫)

こうふく みどりの (小学館文庫)

 

 

キャッチコピー100本ノック!

初めて宣伝会議賞に応募しました。

award.sendenkaigi.com

 

私はキッコーマンに絞って、まずは100本書くことにしました。

それがまぁ大変!20本超えたあたりから全然出てこない。捻っても捻っても出てこない。結局、世の中のコピーを片っ端から見て、書き方をまねたり言葉遣いを変えてみたりして作りました。プロは一晩で100本書いたりするらしいからほんますごいわ。

何とか書きだした100本を、友人・会社の先輩・旦那に見てもらってどれが好きか選んでもらいました。自分ではいまいちだなと思っていたコピーが、「これ言葉を変えたらもっといいと思う」と言ってもらえたり、3人中2人が選んだコピーが同じだったりと、なかなか楽しい発見がありました。

 

応募した作品一例 キッコーマン

・料理のレシピは、その国のしあわせのレシピです

・ふだんは辛口なんだけど、甘口にもなれちゃいます。実は万能、キッコーマン

・しょうゆ顔って、きっとこういう笑顔のことだ

選考に受かる受からないは別にして、自分の作品を人に見てもらえる良い機会でした。楽しかった!

 

美しいものを美しいうちに愛でる。perfumeライブで思ったこと。

f:id:yuri86:20161107100503j:plain

perfumeのライブに行ってきました。非日常感を味わえてすごく楽しかった。

中田ヤスタカはもともとDJなので、盛り上げどころが分かりやすくて楽しい!息の合った照明と音響も素晴らしい。何よりperfumeの3人が素晴らしい。可愛い!かっこいい!盛り上げ上手!そしてあの美しい足・・・もはや芸術。筋肉美とエロさがある。ライブ中、ずっとフリを真似したり手拍子をしたりして腕を上げっぱなしで、終わったら肩が軽くなっていました。これは肩こり解消になるぞ。

 

アイドルが最高のパフォーマンスをする期間はそう長くはありません。MAXやピンクレディーを見るとそれがよく分かる。例外が一人いて安室奈美恵ちゃんだけはすごいけど、彼女しか美貌と体力を持ち合わせている日本人を知りません。perfumeの3人ももう28歳。ダンスを売りにしている以上これからも踊りを続けなければいけないでしょうが、誰かの足の故障でいつ活動休止になるかも分かりません。

ダンスとプロジェクションマッピングの融合は確かにきれいだけど、あの強い光と爆音が彼女たちの目や耳に負担をかけていることは確か。それに加え出産の期限が35歳だとすると、長くても7年くらいかしら。そう思うと悲しいけれど、でもその儚さがアイドルの魅力でもあると思うのです。日本人が桜を愛でる理由にも近いものがあります。美しいものを美しいうちに愛でる。行けるときにはライブに足を運ぶ。好きなアーティストがいつまでも活動を続けるわけじゃないからね。perfumeに限らず、好きな音楽家や小説、友達、家族はみな有限。私の人生だってそう、自由に体が動かせる期間は限られている。楽しめるうちに彼らと時間を共有しよう。そんなことをperfumeのライブをみて思いました。perfumeってすごいな、人生についてまで教えてくれたわ。

金沢で中華@龍苑

f:id:yuri86:20161101132134j:plain

牛すじのマーボー豆腐。

ごちそうさまでした!