読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転勤族妻はじめました

故郷の福岡に帰りたいと思いつつ、東京、大阪で働き、血迷って転勤族の夫と結婚し、今は石川に住んでいます。だけど意外と楽しいかも!

営業電話ってカレンダーの役目も果たすのだ

県外のナンバーから電話がかかってきた。

予想はしていたけれど、やはりそう。営業電話だ。

 「フレッツ光のご案内をしております。インターネットはどうされていますか?」

f:id:yuri86:20160329164810j:plain


インターネットは間に合っている旨を伝えたら、

「そうですか、すいません…」

そうですか、だけでいいのに、わざわざ「すいません」と謝る彼。その声のトーンから、なんとなく、他の電話で怒られたんだろうなと思った。発する言葉はその人の精神状態を左右する。怒られていない人にまで「すいません」を連発していたら精神がやられるよ。営業電話が嫌煙されるのは当たり前。図太くなれずにいる彼は、きっと続けられないだろう。

その点、会社にかかってくる広告の営業は図太い。断っても断ってもかかってくる。(特に昨年末はひどかった!ノルマがあったのかしら。)そして驚くべきは彼の口調だ。何度留守を伝えても断っても穏やかに返答する。α派が出ているんじゃないかっていうくらい優しい。電話一本で仕事をとる人の口調とはこういうものだろうか。そんなことを考えていたら、わわ、その営業マンからまたかかってきた!やばーい、テレパシー?いや違うな、月末だからだ。そう、営業電話って、カレンダーの役目も果たすのだ!今月もお疲れ様でした。