読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転勤族妻はじめました

故郷の福岡に帰りたいと思いつつ、東京、大阪で働き、血迷って転勤族の夫と結婚し、今は石川に住んでいます。だけど意外と楽しいかも!

のだめカンタービレの英語版

金沢 書評

金沢には国際交流ライブラリーがあり

外国語の書物が多数置かれています。

そこにはなんと、マンガまで!大好きな『のだめカンタービレ』がある!

せっかくなので借りてきました。

f:id:yuri86:20160801101923j:plain

 

例えば、「羽を伸ばしましょう」というこのセリフ、

f:id:yuri86:20160801102421p:plain

英語では、「Let's go kick up our heels」…初めて見た言い方。調べてみると、「kick up one's heels=陽気に騒ぐ/はしゃぎ回る」という意味でした。ちなみに「先輩」はそのまま「sempai」と表現されています。sempaiとかsenseiとか学校系の日本語を知っている外国人がいたら、きっとその人は日本の漫画を読んでいるのでしょう。

f:id:yuri86:20160801102451j:plain

 

私が好きなシーンの一つ、のだめが彼に恋する瞬間、「これって、フォーリンラブですか?」

f:id:yuri86:20160801102552p:plain

英語では、「Do you think I could falling in love with you?」でした。

「とびつきたくてドキドキ」は、英語では心臓の鼓動がとっても早いという言い方に変わっています。翻訳しづらかったのでしょうか。まあ、日本でも恋する描写に「背中にとびつきたくてドキドキ」なんて使いませんが、のだめの変人ぶりを表すシーンとして好きなフレーズだったのでちょっと残念かも。

f:id:yuri86:20160801102607j:plain

 

また、のだめと先輩の初セッションシーン。「楽譜見てねーじゃねーか!」

f:id:yuri86:20160801103521p:plain

英語では「Aren't you even looking at the sheet music?」でした。

f:id:yuri86:20160801103534j:plain

 

ストーリーを知っているので、英語学習には最適です。漫画で英語学習、しばらく続けてみようと思います。