読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転勤族妻はじめました

故郷の福岡に帰りたいと思いつつ、東京、大阪で働き、血迷って転勤族の夫と結婚し、今は石川に住んでいます。だけど意外と楽しいかも!

習慣にしたいなら好きなこととセットでしよう

金沢 書評

f:id:yuri86:20160819151455j:plain

昨日はビジネス本著者の美崎栄一郎さんのセミナーに参加しました。学生時代、就職活動で花王に行ったときにお話を伺ったのが、当時会社員だった美崎さんだったのです。会社員時代に朝食会や読書会を始め、そこで本の著者を招くようになり、次第に出版社と繋がり自分が本を出すようになり、今では複数の会社を持つまでになりました。す、すごい…!

 

そんな美崎さん、今回は習慣化と時間術についてのお話だったのでその中の1つをまとめます。

 

習慣化について。

目標を達成するにはその達成に必要なタスクを習慣化させることが大切。どうやって習慣化しようか。例えば美崎さんが今年掲げた「1年間で100本映画を観る」という目標。

普段の仕事でついつい忙しいまま時間が作れない。どうやって映画鑑賞を習慣化しようか。

 

習慣にするとき、大事なことは3つ

 

1)数値に落とし込み、まず机上の空論でできるようにする

1年間100本ということは週に2~3本観ることになる。

手帳を開いて空いている時間をチェック。机上の空論でいいから達成できるプランを作る。ちなみに美崎さんは映画を観るだけじゃなく前後に調べる時間もあるので(なぜなら映画についての執筆や対談をしたいので、単に映画を楽しむのではなく、見所や背景、マーケティングの観点で話せるようにしたい)、1本の映画で3時間確保するそうです。

 

2)判断の材料をできるだけ減らす

どれを観ようか吟味していると時間がかかる。100本という量をこなすには、映画を選ぶ基準をシンプルにして、何を観るかすぐ決めるようにする。その時に有効なのが好きな人を決めること。例えば「有村架純が好きだから彼女が出ている映画を全部観る」。この利点は、自分では普通観ないジャンル(ホラーなど)も観るようになること。そして有村架純の映画に関しては誰よりも詳しくなるので、対談の話が来やすくなること。幅広くやるより、まずは局地的に詳しくなることから始めよう。

 

3)好きなこと・すでに習慣になっていることとセットでする

毎朝珈琲を飲むのが好きなら、珈琲とセットで映画を観よう。習慣にしているもののついでにやるというのは負担が少なくて続きやすい。

 

今私が習慣化したいことは早起き。好きなこととセットにするとしたら、ヨガかな。通っているヨガ教室で、月曜日は朝8:00からヨガをやっているので、まずはそこに行ってみようと思います。