読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転勤族妻はじめました

故郷の福岡に帰りたいと思いつつ、東京、大阪で働き、血迷って転勤族の夫と結婚し、今は石川に住んでいます。だけど意外と楽しいかも!

カラコン記事1 不動の人気ナンバーワン!ワンデーアキビューディファインモイスト

コンタクト

サークルレンズの先駆けとして世の女性を虜にしたディファイン。リニューアルしてからは潤い機能が加わり、ズレも改善、カラーも豊富に揃いました。今回は進化したワンデーアキビューディファインモイストについてご紹介します。

 

〇特長

1)うるおい機能追加

コンタクトレンズPCスマホ、読書など目を使った作業をある程度すると乾きを感じることがあります。従来のディファインも例にもれず、乾きやすいという意見があったのですが、うるおい成分(ポリビニル・ピロリドン)が入ってからは乾燥感が改善されました。このうるおい成分は、レンズを保湿するだけでなく瞬きをする時にもレンズ表面を滑らかに移動するため、朝から夜まで快適なつけ心地が続きます。新しくなったディファインを使ったところ、目に入れた時のタッがずいぶんと軽くなっていました。

 

2)アキビューの強み、UVカット機能

大手メーカーの中でUVカットがあるカラコンはジョンソン&ジョンソンとシードのみ。他との大きな違いと言えるでしょう。ディファインモイストは紫外線B波を約97%、紫外線A波を約81%カットするなど、瞳への紫外線対策にも配慮しています。屋外での活動が多い方におすすめです。

 

3)サンドイッチ製法で色素が目に触れず安心

近年トラブルになっているカラコンの色落ち。その多くはインターネットで出回っている台湾・韓国製のもので、色落ちした色素が眼球に触れると角膜障害を引き落とします。その点ディファインシリーズはレンズ素材で色素部分をサンドイッチし、直接色素が目に触れない構造になっているので安心して使えます。

 

4)新しい2色は品格ある大人向け

新色の製品名にある「ラディアント」とは、日本語で「輝き」の意味。瞳の模様(虹彩模様)をもとにしたデザインに加えて、瞳の色に溶け込むシアーカラーグラデーションを採用しています。3層に重なるシアーカラーの効果で、瞳に輝き(ラディアント)を与え、至近距離でも自然に見えます。いかにも「カラコンつけてます」というのに抵抗がある3040代のオトナ女子でも使える上品な色合い。品格ある大人の魅力が出せるでしょう。一方、ロングセラー3色は新色に比べると、カラコンを着けていることが分かるようなくっきりした色合いで、割と若い女性に好まれています。その中でも人気なのはヴィヴィッドスタイル!着色直径が12.8mmとラインナップの中で一番大きいので、瞳を大きく見せることができます。ヴィヴィッドスタイルだけ2週間タイプが出ていることからも、その人気ぶりがうかがえます。

 

〇欠点

1)イオン性なのでたんぱく汚れが付きにくい

非イオン性のレンズに比べ、イオン性はたんぱく汚れがつきやすいです。特にこれから花粉の季節なので、気になる人は非イオン性のレンズをおすすめします。

 

2)やわらかいが故、入れにくくてズレやすい

リニューアル前、ディファインはズレるという声が非常に多かったですが、リニューアルしてからは若干改善されました。それでもまだズレが気になる時があります。また、ふにゃっとして指に乗せるとヘタるのも気になります。入れにくさを感じる人は、イルミネートやナチュレールなど安定性の良いレンズをおすすめします。

 

〇まとめ

自然に瞳を大きく見せながら安全性にも配慮した、眼科でも取り扱いのある安全性の高いカラコンです。サークルレンズのパイオニアとして今でも絶大な人気を誇っています。ナチュラル派の人におすすめです。